禅塾


主な規則

・部活動をやる人や、大学の六講目をとっている人が増えているので、事前に申し出があれば門限を越えることも許可するこ とがあります。
・頭髪は清潔な印象のもの(スポーツ刈りや丸刈り)なら、剃髪でなくても構いません。
 ただし染色やパーマなどは禁止です。アクセサリー類は禅塾内では禁止です。
・学生としての自覚と良識ある行動を心がけてもらいます。
・学校が春・夏・冬休みの間は、禅塾も基本的には閉塾となります。
 ただし、集中講義・補講などの授業、あるいは部活動等、やむを得ない事情がある場合、閉塾中であっても禅塾で生活でき ます(要相談)。

持ち物について

禅塾に必要なもの


・作務着 ・絡子 ・持鉢 ・足袋 ・寝具(ベッド不可) ・洗面用具 (洗面器も必要)・コタツ ・ノートパソコン (大学のレポート作成などで使います。無くても普段の生活には支障はありません)
※僧籍のある者は、夏冬雲水衣・真威儀一式と単布団が必要


Q:コタツはどうしても必要なのでしょうか?
A:各部屋は畳敷きのためデスクチェアは置けません。 従って、コタツが勉強机代わりになります。
また、冬は部屋にエアコンがありませんので、コタツでのみ暖をとってもらうことになります (石油ストーブ、ハロゲンヒーターなども安全面などから不可)。 コタツ布団など、まだ使用する季節でないものは、後々禅塾に送っていただけたら荷物の省スペース化になると思われます。


Q:部屋に備え付けの棚等、ありますか?
A:一人につき、木製棚(縦80×横60×奥行30cm)ひとつ、クローゼット(縦180×横55×奥行50cm)ひとつずつ禅塾備品として貸し出しします。あとは、個人で用意して下さい。
プラチック製の衣装ケース等は、押し入れの中に入るサイズのもののみ可です。
参考までに押し入れのサイズは縦180.5×横166×奥行81cmとなっております。
一回生はこの押し入れを二人で使うこととなります。

Q:入塾する場合、どれくらい荷物を持っていった方がよろしいでしょうか?
A:基本的に、一回生は八畳で二人部屋です。押し入れはありますが、荷物を置くスペースは余りありません。ですので、なるべく最初は最低限必要なもので、あとは禅塾生活が始まってから揃えた方が良いかと思われます。


ナビゲーション

Hanazono Zenjyuku花園禅塾

〒616-8034
京都市右京区花園木辻北町1-4
TEL 075-461-4128
FAX 075-461-4128